注文住宅

差額が未だに返金されていません・・・

投稿日:

注文住宅を建てている時はとても嬉しくて、つい何度も建てている最中の家を見に行ってしまいます。工事の邪魔になってはいけないので、大工さんが帰られた後にこっそりと見に行く事もしばしばです。

工事の途中を見ることで、実際に図面上では分からなかった所にスペースがある事が分かり、その場所を収納スペースとして使えるように途中で変更してもらったりする事もでき、そういった面では無駄のない大成功の家になったといえます。

しかし住宅設備なども全部私たちが決めている事なので、どんなものを選んだかという事はほとんど覚えています。
住宅設備の搬入も大分進んだ頃に見に行くと、ドレッサーが選んだものとは全然別な物が納められているのが分かりました。
すぐに住宅会社へ確認をとります。
品番が似ていた為に住宅会社側化業者側かのどちらがミスをしたようです。
差額返金
こだわりを持って選んだものだったので、すぐに取り替えてもらう手続きをしてもらいました。するとドレッサーの鏡部分は取り替えてはあったのですが、その下の収納部分は以前のまま変更されていません。

またまた住宅会社へクレームをつける事になりました。もう一度取り替えるか、差額の金額を返品するかという案を出されました。取り替えるのももう面倒なので、差額の分を返金していただく事にしましたが、6年経った今まだ返金してもらえてはいません。

せっかく良い家ができたというのに、ドレッサーを見るたびに腹ただしさが湧いてきます。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

私自身が注文住宅で実際に失敗した理由をさらします。 まず私についてですが、当時38歳の会社員で年収は360万円程度でした。これまでに貯めた260万円を頭金にして、2,200万円の住宅ローンを組みました ...

-注文住宅

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年7月版】 , 2018 All Rights Reserved.