ミサワMJホームの注文住宅の評判と2つの特徴

どんな会社?

ミサワMJホームは耐震性の高い木造住宅を扱っているハウスメーカーです。

対応エリアは一部地域を覗いた東京、埼玉、神奈川、千葉、茨城などの関東エリア。

2011年に設立されて以降着実に実績を積み重ねており、今では年間500棟ほどの注文住宅を建てています。

ミサワMJホームのつくる耐震木造住宅MJ Woodは、伝統的な木造軸組工法に最新技術を組み合わせたもので、木造建築の長所を活かしつつ、より地震に強く安心して暮らすことのできる住宅です。

ミサワMJホームの住宅の特徴は?

●木造住宅のメリット
ミサワMJホームの住宅は優れた工法を採用していますが、木造住宅であることには変わりません。
木造住宅は鉄骨やコンクリートの住宅と比べると比較的安価ですが、安いがゆえに性能も劣っていると考えている人が少なくありません。
MJ Woodについて解説する前に、まずは木造住宅そのものの長所について簡単に説明しましょう。

木材の長所はまず軽くて丈夫なこと。鉄骨と比べ軽く、柔軟性があるため力を逃すのも得意な素材です。

また、木は燃えるため、火事に弱いイメージがありますが、実はその逆で、火災にも強い素材です。確かに、長時間火に当てられれば燃えてしまいますが、鉄に比べて温度が上がりにくいという特徴あります。万が一、火がついてしまった場合でも、表面が炭化してしまえば内部は燃えにくくなります。内側の部分が焼け残ればある程度の強度が残るため、建物が倒壊するのを防ぐことができるのです。鉄の場合、それ自体が燃えることはありませんが、熱の伝わりが早く、あっという間に溶け落ちてしまう可能性があります。

木材には調湿効果もあります。
湿気が多い時には取り込み、少ない時期には放出します。空気中の湿度がある程度調整されるため、室内が快適な湿度に保たれやすいです。
木材の中に適度な湿度があることは、熱の伝わりを和らげることにもつながり、断熱効果も期待できます。

その他にも、木の香りによってリラックスできたり、年を経ることによる風合いの変化を楽しめたりするなど、木造建築には多くの長所があります。

●地震に強いMJ Wood
在来工法とも呼ばれることのある木造軸組工法は、日本に古くからある建築スタイルで、梁と柱の組み合わせによって家の構造をつくります。

木造軸組工法のメリットは間取りの自由度や拡張性が高いこと。柱と梁さえ残っていれば家を支えられるため、後から壁の位置を変更するリフォームをしたり、増築をしたりしやすいです。

●安定品質の構造用集成材を仕様
ミサワMJホームでは構造材に高品質の集成材を使用しています。

木材を使用する際に気をつけなければならないのが、木材の反りや割れ。木材は時間が経つと乾燥などにより歪んだり、縮んだりしてしまいます。
そうした自体を防ぐためには、使用前にきちんと木を乾燥させておくことが大切です。

構造用集成材は徹底した品質管理のもと製造されているため、しっかり乾燥した狂いの生じにくい木材となっています。

●専用の接合金物による耐久力上昇
MJ Woodでは専用のMJメタルジョイントという接合金物を用いて建てられます。

木造軸組工法は接合部が痛むことで強度が落ちやすいという欠点があったのですが、こうした金物を使用することで強度低下を防ぎ、より丈夫な建物にすることができます。

●耐力壁でより地震に強い家に
MJ Woodでは接合金物に加え、耐力壁を採用することで、より地震に強い家をつくりあげます。

木造軸組工法は、柱と梁によって建物を支えますが、それに面の力で建物をより強固に支える耐力壁を追加することで、最大で従来の6.5倍の強さを得ることができます。

同じ木造建築であるツーバイフォーの住宅が地震や歪みに強いと言われるのも、壁の力で支えることによるもの。軸組工法に耐力壁を加えれば、ツーバイフォーと同じようなメリットを享受することもできるようになるのです。

●木造住宅の寿命を伸ばす工夫
木造住宅の大敵は兎にも角にも湿気です。湿気は木材を腐らせたり、カビさせたりする原因になります。しかも、木を食い荒らす恐ろしいシロアリも湿気が大好きです。

ミサワMJホームでは、まず壁の内側の湿気対策として、外通気方式を採用しています。壁の内側に通気層を設けることで内部に結露がつくのを防ぎます。

雨に打たれる屋根の下にはルーフィング加工、バルコニーにも念入りに防水加工をしています。

シロアリが怖い家の下部の対策としては、床下の集成材に防蟻加工を施すことで対応。使用しているヒノキは自然の状態でもシロアリに強いという性質もあります。

●高断熱のグラスウールで暖かな住まいに
ミサワMJホームでは断熱材として高性能のグラスウールを使用。

グラスウールでリサイクルのガラスを繊維状にしたもので、繊維と繊維の間にある空気の層で断熱します。
グラスウールは断熱材の中でも耐久性が高く、長年に渡って断熱性を維持できます。
さらに、難燃性の素材であるため、火事が起こった際に火が燃え広がるのを防ぐのにも役立ちます。

断熱性を高めることは、冷暖房効率の上昇で光熱費を削減できるだけでなく、結露防止による住宅の耐久性向上や、防音性の向上にもつながります。

ミサワMJホームの住宅価格

坪単価はおおよそ50万円から60万円。注文住宅の価格としては平均的なものです。

ただ坪単価というのは会社によって計算方法が微妙に異なるため、あまり正確な数字ではありません。
坪単価から求められる金額は建物の価格しか含まれていないことも多く、当てにしすぎると予想外の出費に驚かされることになります。あくまでの参考程度にとどめておきましょう。

また、住宅にかかるコストについて考える際は、購入費だけでなく維持コストについても考慮に入れましょう。
断熱性が高ければ光熱費を節約できますし、耐久性の高い素材を使えばメンテナンス費用を節約できます。安く家を建てても維持費にお金がかかってしまえば、結局毎月の出費はあまり変わりません。
短期的な視点ではなく、長期的な視点で考えることが大切です。

ミサワMJホームのラインナップ

●MJ FRAME LC
採光・採風とプライバシーの両立を重視したプランです。

住宅の密集する都市部では、採光・採風のための開口部の確保と、プライバシーの確保をどう両立するかが課題です。
ミサワMJホームではMJ開口フレームを使用することで、この問題をクリア。明るく快適なリビングを実現しつつ、人の視線が気にならない空間づくりを実現します。

●MJ FRAME LV
こちらは開放感のある大きな窓が特徴のシリーズ。

従来の木造軸組工法では難しい大開口も、MJ Woodの技術を活用することで、開放感と耐震性を両立。
印象的な大きな窓は、室内を明るくするだけでなく、家の外観にもアクセントを加えます。

●HIRAYAKIDS
最近人気の平屋住宅のプラン。
段差のない室内空間は小さな子どもはもちろんお年寄りにも優しく、長く住み続ける住まいにはうってつけ。
2階建てに比べて狭くなりやすい平屋住宅ですが、間取りの工夫で十分なスペースのある使いやすい住まいになります。

●HIRAYA
こちらも平屋住宅ですが、シニア世代を対象としたプラン。
階段の上り下りがないため、転倒や転落のリスクを大幅に削減。広すぎない家は、手入れの負担も掃除の負担も少ないです。
コンパクトな住まいではありますが、小屋裏に広い収納スペースをつくることができます。

●MJ Wood Solar Max
太陽光発電システムのあるプラン。省エネに加えて創エネも備えれば、光熱費は大幅に削減。自然にも家計にも優しい住まいになります。

このシリーズの特徴は、太陽光発電システムとデザインのマッチング。太陽光パネルを、屋根になじませて気にならないように工夫されています。

●Season n
田の字形の間取りは柔軟性が高く、リフォームで間取りを変えるのも簡単。将来子どもが独立するなどして家族構成が変わった時に、少ないコストで間取りを変えられます。
子育て世代からの人気が高いシリーズです。

●Season j
こちらは季節に合わせて住まいの使い方を柔軟に変えていくというプラン。

暑い夏は北側に家族の集まるスペースを。反対に、寒い冬は暖かな南側の部屋を活用。
自然に合わせて無理のないナチュラルな生活をおくることができます。

●URBAN MODEL2
広いリビングと対面キッチンが特徴のプラン。使い勝手はもちろん、家族が自然に集まるリビングダイニングになります。

リビングには吹き抜けがあり、2階にある家族の存在を感じることもできます。
つながりとコミュニケーションを重視したい家族に人気の住宅です。

●URBAN MODEL3
狭い土地を有効活用できる3階建て住宅のプランです。
光や風をどう取り入れるか、プライバシーをどう確保するか、など都会の限られた土地を有効活用するための工夫がいっぱい。

変形地や狭小地での建築にも対応しています。

●ALBIO MAIZON
プロヴァンス地方の住宅デザインを取り入れた、おしゃれなデザインが印象的なシリーズです。特に女性からの指示が多いシリーズで、おしゃれな外装・内装に惹かれる人は多いです。
輸入住宅のようなおしゃれさと、地震や湿気など日本の住宅に求められる要素の両立がポイント。

●my favorite life
南欧スタイルのデザインが印象的なプラン。
こちらは木のぬくもりを活かしたリラックスできるデザインが特徴です。

ミサワMJホームの評価

●デザインと機能の両立ができる
ミサワMJホームは耐震性や断熱などの機能と、見た目の良さを両立できるのが大きな魅力。
デザインのテイストも幅広く、モダンなものからスタイリッシュなもの、洋風のものなど好みに応じて様々なスタイルを選択できます。

●都会での家づくりが得意
都会の土地は狭く、変形地や狭小地も多いです。不便な土地での建築を嫌がるハウスメーカーもある中、3階建てのプランなど狭小地を積極的に活用するラインナップを取り揃えています。
また、隣家との距離も近いので、プライバシーの確保も課題。ミサワMJホームは都市部での建築経験が豊富なため、周囲の視線が気にならない住宅というオーダーにもしっかり応えてくれると評判です。

進化した木造住宅

ミサワMJホームのMJ Woodは、従来の木造軸組工法に最新の独自技術を加えることで、一歩先に進んだ木造住宅となっています。
拡張性や耐火性など従来の木造建築が持つ強いを活かしつつ、金物や耐力壁の採用によって、より長寿命でより地震に強い安心の住まいを実現しました。

プライバシーの確保や採光・採風の工夫など、都市部の住宅に求められるノウハウも豊富で、限られた土地でも快適で暮らしやすい住宅をつくることができます。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 だいすけ「こどもが大きくなったら広い部屋と庭が必要。絶対に家は買ったほうがいいよ。」 と妻に意気込んで相談した。 み ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 たくさんの業者の中から自分にあった ...

投稿日:

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2019年7月版】 , 2019 All Rights Reserved.