注文住宅

新築を購入した時の失敗や色々の事柄

投稿日:

我が家が家を建てた時に決めた事は、快適な家にしようと言う事と、やはり断熱は高くしようという事でした。日本には寒い時期も多いですが、暑い時期も多く、何も感じないほどに快適な期間はそうありません。ですので、なるべくなら断熱性を高く保つ事は、私達の理想でもありました。

その頃とても流行っていたのが外断熱なのですが、その流行に我が家も乗っかってしまいました。とてもいい物だと思いハウスメーカーと契約をしたのですが、第三監理を依頼すると、どうも断熱が低い設計であると評価されました。我が家はウレタンフォーム吹き付けだったのですが吹き付け分量が少なく、何故外側に吹くのかと第三監理の先生に呆れられました。

ですので、急遽ハウスメーカーを問い詰め、こちらの希望価格で内断熱も施工しろと詰め寄りました。すると、何とか希望の価格で施工する事が決まったのです。他にも基礎断熱のやり方などでもさんざん出来る出来ないともめました。最終的に付加断熱になったので、要するに自分達の希望したレベルには達したので胸をなでおろしました。

しかし、不満にある所はいくつかあります。何も知らないで施工されていたら全然快適ではない家を買わされたかもしれないので、住宅購入の時に第三監理に入って良かったと思います。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

私自身が注文住宅で実際に失敗した理由をさらします。 まず私についてですが、当時38歳の会社員で年収は360万円程度でした。これまでに貯めた260万円を頭金にして、2,200万円の住宅ローンを組みました ...

-注文住宅

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年7月版】 , 2018 All Rights Reserved.