注文住宅

無難になりがちな内装に、変化をつけるには

家を新築するとき「もう、この先趣味が変わることはないだろうから」と、その時の好みで内装を決められたらいいのですが、「流行や好みもかわるかもしれない」と、無難なものを選んでしまいますよね。私も、LDKをはじめ、廊下や階段、各個室の内装は、飽きの来ない、無難なオフホワイトに統一しました。フローリングも明るいライトオークで。狭い家が少しでも広く見えるようにと思ってのことです。

でも、本当は、カラフルで大胆な柄の壁紙とか、使ってみたいんだけどな…。

そんな気持ちから、家の中で二か所だけ、ちょっと内装を思い切ってみました。

まずは、トイレの壁紙。それほどカラフルにはしませんでしたが、植物の似合う、ほんのりと穏やかな色合いの壁紙を選び、1階と2階で色違いにしました。それに合わせてカバーやマット、タオルなどもコーディネイトできるのが楽しいです。

もう一か所はお風呂です。ここだけは自分の好みを前面に出して、ビビッドな壁色を選びました!入浴の時間は、お気に入りの色の中で、自然とテンションが上がり、元気が出てきます。

落ち着くけれど単調な家の中で、ちょっとでも自分らしさを出すのに、小さなスペースに個性を持たせた点は、大成功だったと思います。ほかに、女性ならいる時間の長い、キッチンのパネルの色などで好みを満足させるのも、いい方法ではないかと思います。

  • この記事を書いた人

ゆかいえ

子供:2人(7歳、4歳) アラフォーのワーキングママ。FP2級(ファイナンシャルプランナー)。わたし自身の家づくりでは情報収集に苦労したので、これから家を建てる方に当サイトが少しでも参考になるよう情報を配信中です。マイホームに関する質問や不明点などある方は公式LINEよりお気軽にコメント下さい♪

よく読まれている人気記事

1

いざマイホーム購入のために行動を開始しようとしても、 一体何から手を付けていいかわからないもの。 土地から探したらいいの? ハウスメーカー探しが優先? とりあえず住宅展示場に行っておくべき? などなど ...

2

住宅は非常に大きな買い物なので、 どうしても失敗したくないですよね。 失敗すると貯金が大きく減り、 住宅ローンの返済はその後の家計に何十年と 大きな影響を及ぼします。 住宅購入にまつわるお金のことで失 ...

3

ゆかいえはじめての注文住宅で大失敗しそうになったアラフォー子持ちの私の体験談を初めて公開します。 29歳でシステムエンジニアの夫と結婚し、 31歳の時に子供(男の子)が生まれました。 その時にはじめて ...

-注文住宅

© 2022 注文住宅で失敗しないためのメモbyゆかいえ【2022年5月版】