注文住宅

手すり、足元灯、引き戸にしてよかった

投稿日:

自分がこれから高齢になっても住む家だから、歩けなくなった時の事を考えて手すりをつけてもらいました。
最初は手すりなんてかっこ悪いものはつけないほうがいいんじゃないかと考えましたが、友人に相談すると、年をとると手すりがあると助かるよ!と言っていました。

それもあってつけてもらいました。今思うことは、暗くなった家に帰ってきたときに玄関に手すりがついているんですが、つかまりながら靴を脱げるので非常に楽です。
他にも高齢になったときの事を考えて、トイレにも手すりをつけました。

実際使ってみると、今は特に便利だとは感じていませんが、これから必要になると便利になってくると思います。
その他にも足元灯をつけました。キッチンに1つ、トイレに1つ、玄関に1つ付いています。
この足元灯は、暗くなると自然に点灯するために、部屋を明るくして、防犯にもなります。

誰かが生活しているかのように見せてくれるので、防犯対策で助かっています。
あと、あまり電気をつけずに生活することも可能なので、経済的です。

お風呂のドアも高齢になったときのために引き戸にしました。寒い時もすぐにドアを閉めることができて非常に楽です。
開き戸じゃないから足をぶつける心配がないので安心です。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 たくさんの業者の中から自分にあった ...

-注文住宅

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年9月版】 , 2018 All Rights Reserved.