ハウスメーカー

注文住宅の金銭的誤算と、建設会社選びの失敗

注文住宅にすると建売などとは異なり別途余計な費用が必要になってしまいます。私はもともと両親が土地を持っていたのでその土地に注文住宅を建設したのですが、設計デザイン費用などはもちろん、地鎮祭なども自分たちで行わなければならなかったので、建物自体で考えると費用はかなり割高になりました。

また、どんどん自分の欲がでてきて「一生ものだから」と言いながら当初の予定よりもインテリアなどにかかる費用もかなり跳ね上がりました。

また、我々の依頼した建設会社がとても最悪な会社でした。
最初にもっとしっかり調べてから建設会社を決めればよかったのですが、デザイナーの担当者に勧められるまま、業者を選んでしまいとても後悔しました。

工期が大幅に遅れて、当初予定していた完成日よりも実際に完成したのは1年くらい遅かったです。自分たちでちょくちょく建設現場に立ち寄って確認しなければならなかったのですが、大量のたばこの吸い殻が落ちていたり、現場は散々でした。

家を建てるなんて一生に一度しかないことなので細かいところが気になってしまいます。
建設現場ではこんなことは当たり前なのかもしれないですが、やはり良い気分はしませんでした。実際に家が完成して住んでも現場の状況が頭に浮かんでしまい、どうしても「この家は大丈夫なんだろうか」と思ってしまいます。建設業者はしっかりと選ぶべきです。

  • この記事を書いた人

isidayuka

生年月日:1980年4月20日 子供:2人(7歳、4歳) アラフォー(39歳)のワーキングママ。FP2級(ファイナンシャルプランナー)。わたし自身の家づくりでは情報収集に苦労したので、これから家を建てる方に当サイトが少しでも参考になれば幸いです。

よく読まれている人気記事

1

いざマイホーム購入のために行動を開始しようとしても、 一体何から手を付けていいかわからないもの。 土地から探したらいいの? ハウスメーカー探しが優先? とりあえず住宅展示場に行っておくべき? などなど ...

2

「そろそろ自分の家を建てたいなー」 結婚したり、 子供が生まれたりすると 家を持ちたくなりますよね。 マンションだと騒音が気になるし、 子供が小学校に入る前に なんとか家を決めたい。 そんな時、 とり ...

3

住宅は非常に大きな買い物なので、 どうしても失敗したくないですよね。 失敗すると貯金が大きく減り、 住宅ローンの返済はその後の家計に何十年と 大きな影響を及ぼします。 住宅購入にまつわるお金のことで失 ...

-ハウスメーカー

© 2021 注文住宅で失敗しないためのメモbyゆか【2021年12月版】