注文住宅

注文住宅予算の伝え方での失敗談

投稿日:

私が注文住宅を建てた時に学んだことを書きます。

自分の家を建てるとなり、参考にと色々な展示場に足を運びました。
どの展示場にも、広くて手の凝ったデザインの施された家が並んでいて、とても夢が膨らみました。
いざ、自分が業者さんに、予算と土地の広さを伝えて図面をお願いしました。

すると、展示場で見た大きく手の凝った家とは異なった、平凡な図面が出来あがってしまいました。
その時点でほとんど家の基盤は決まっており、それから希望を自分から発言したとしても、事細かな変更が行われるくらいで、ごく一般的な平凡な家が出来上がってしまいました。
自分の意思をしっかりと、論理的に、業者さんに伝えられないままになってしまいました。
そして、予算の関係という壁が現れて、妥協を強いられてしまったのです。
ここまでの経験で、私が学び、次に生かそうと思ったことをここからは書きます。

もしもう一度家を建てるのであれば、予算を伝える際に、予算の上限を伝えずに、だいたい予算の上限の8割を予算として業者さんに伝えます。
多少、家のサイズは小さくなってしまいますが、それからは事細かな部分のオプションに関して、便利で使えそうなのものをどんどん追加して行く形にします。
このような形にすれば、最終的には予算内にしっかりと収まる、自分好みの家を作れるはずだと確信しています。

よく読まれている人気記事

1

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

2

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 たくさんの業者の中から自分にあった ...

3

「CMでも人気のスーモカウンターですが、今すぐ申し込んだほうが良いでしょうか?」 こんな問い合わせが最近非常に多いです。 ということで、どんな人が申し込むべきかまとめてみました。 以下の内1つでも該当 ...

-注文住宅

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年11月版】 , 2018 All Rights Reserved.