土屋ホームの注文住宅の評判と値引き

1.特徴
土屋ホームは、北海道に本拠地を置く木造住宅を販売しているハウスメーカーです。北海道や東北、甲信越など、寒冷地や積雪のある地域を中心に展開しており、寒冷地に適した住宅を提供しています。一方で関東以南の温暖な地域での販売棟数は少なく、知名度もあまりありません。
寒冷地仕様の住宅は断熱性が高く、エネルギー効率も良くなっています。1984年には「省エネルギー住宅コンクール」では建設大臣賞を受賞しており、昔から省エネを意識した住宅づくりをしていたことがうかがえます。BES-T構法などの独自の技術もあり、商品・技術の開発にも積極的なメーカーです。また、建物だけではなく、基礎から断熱しているため断熱効率が非常に高いです。基礎に換気を設け、湿気の対策も行っています。
大手ハウスメーカーでも、北海道への進出には慎重です。進出しても、すぐに撤退してしまったメーカーもあります。冬の寒さと、地域によってはかなりの積雪もあり、本州と同じ住宅の仕様では対抗できない部分も多いのです。かといって、土屋ホームの技術や商品が、大手すらも真似できない高度なもの、という訳ではありません。ただ真似をしようと思えば、小規模な工務店でも可能です。大切なのは、北海道の気候に合わせるノウハウの存在です。

2.価格と坪単価について
坪単価は、坪60~75万円ぐらいになるようです。工務店と比べると高めですが、ハウスメーカーの平均よりはやや安めです。ただ、土屋ホームを選択する人は、値段でメーカーを決めたというよりも寒冷地仕様の住宅がほしいなど、こだわりや目的を持っている傾向にあります。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

私自身が注文住宅で実際に失敗した理由をさらします。 まず私についてですが、当時38歳の会社員で年収は360万円程度でした。これまでに貯めた260万円を頭金にして、2,200万円の住宅ローンを組みました ...

投稿日:

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年7月版】 , 2018 All Rights Reserved.