※当サイトにはプロモーションが含まれます。

注文住宅

「今、家を買う人が信じられない 5年後、10年後には大変なことになる」と言われるのはなぜ?

「今家を買うなんて信じられない!」

と人から言われことがある方は多いのではないでしょうか。

しかし、住宅購入は将来の安定した生活環境を築くために重要な一歩です。

その際、リスクを把握し、適切な対策を講じることが大切です。

この記事では、住宅購入に伴うリスクとその対策について詳しく説明します。

1. 今家を買うリスクとは?

1.1 物価の高騰

現在、日本では物価の高騰が続いており、住宅価格も上昇傾向にあります。

これは、国際的な要因によるもので、燃料価格の上昇や円安の影響が大きいです。

また、住宅資材の多くは海外からの輸入に頼っており、円安による価格上昇が顕著です。

物価の高騰は、住宅ローンの返済にも影響を及ぼします。

日用品の物価上昇は生活費の圧迫要因となり、住宅ローンの返済が難しくなる可能性があります。

1.2 資産価値の低下

家を購入した場合、時間の経過とともに資産価値が低下するリスクがあります。

特に日本では人口減少が進行し、将来的には余った住宅が増加すると予測されています。

このような状況では、資産としての住宅の価値が下がる可能性が高まります。

また、住宅を売却する際に市場で高値で売れるかどうかも不確定要因です。

資産価値の低下は、住宅購入者にとって懸念材料となります。

1.3 金利の変動

住宅ローンの金利は今後も変動する可能性があります。

2022年から2023年にかけて、他の先進国では金利が大幅に上昇しました。

日本も将来的に金利を上げる可能性があるため、今後の金利変動に注意が必要です。

変動金利で住宅ローンを組む場合、金利上昇に伴う返済負担の増加が懸念されます。

一方で、固定金利を選ぶ場合は、住宅ローンを組むタイミングが重要となります。

1.4 自然災害リスク

日本は地震や洪水などの自然災害が頻発する地域であり、将来的にも巨大地震が発生する可能性が高いです。

また、気候変動により台風や豪雨が増加しており、家屋への被害が懸念されます。

家を建てても自然災害によって全壊・半壊するリスクがあるため、その際の修繕費用や再建費用が負担となります。

1.5 引っ越しの必要性

家を建てると、将来的に仕事や家庭の事情によって引っ越しが必要になることがあります。

例えば、高齢の両親の介護をする必要が生じた場合、実家に戻る必要があるかもしれません。

また、転職や転勤に伴う引っ越しも考慮しなければなりません。

これらの要因から、家を建てたとしても将来の引っ越しに備えた柔軟性が求められます。

2. 今家を買うリスクを軽減する方法

2.1 高リスクな立地を避ける

将来の資産価値を下げないためには、高リスクな立地を避けることが重要です。

以下はそのための具体的な方法です。

交通アクセスの良さを重視する: 交通の便が良く、駅やバス停から近い場所に住宅を選ぶことで、生活の便益が高まります。

将来的な転職や通勤の変更に柔軟に対応できるでしょう。

地震や洪水リスクを評価する: 地震や洪水の発生リスクを考慮し、防災対策の整った地域や建物を選びましょう。

また、耐震性の高い建物を選択することも重要です。

将来の発展性を考える: 周辺の土地利用計画や開発計画を確認し、将来的な価値の上昇を期待できる立地を選びましょう。

新たな施設や交通インフラの整備が進行中のエリアは、将来的な需要の増加が期待できます。

2.2 健全な返済計画を立てる

住宅購入に際して、健全な返済計画を立てることはリスク軽減の鍵です。

以下は返済計画を策定する際に考慮すべきポイントです。

収入と支出のバランスを取る: 収入に対して住宅ローンの返済が適切であることを確認しましょう。

住宅ローンの返済額が収入の30%未満であることが理想的とされています。

緊急時のリザーブを確保する: 突発的な出費や急な支出に備えて、緊急時のリザーブファンドを用意しましょう。

住宅ローン以外の資金にも余裕を持つことが大切です。

ローンの金利と条件を比較する: 複数の金融機関から住宅ローンの金利や条件を比較し、最適な選択肢を見つけましょう。

金利が低く、返済条件が柔軟なローンを選ぶことで、将来の返済リスクを軽減できます。

2.3 中古住宅の選択肢を検討する

新築住宅の購入に伴う高いコストや価格の上昇リスクを回避する方法として、中古住宅を検討することがあります。

中古住宅のメリットは以下のような点です。

価格が比較的安い: 新築住宅に比べて中古住宅は価格が低いことが多く、初期費用を抑えることができます。

立地条件が良い場合がある: 中古住宅の中には、新たな住宅地に比べて交通アクセスや生活便益が高い場所にあるものもあります。

リフォームや改装の余地がある: 中古住宅を選ぶことで、自分の好みに合わせてリフォームや改装を行うことができます。

ただし、中古住宅を購入する際には、建物の状態や履歴、法的な問題などに注意が必要です。

信頼性のある不動産業者との連携や、建物の専門家による査定を受けることが重要です。

3. 持ち家と賃貸の比較

住宅を購入するか、賃貸住宅に住むかの選択もリスクとコストの観点から検討する価値があります。

以下は持ち家と賃貸の比較です。

3.1 総費用の比較

住宅購入には初期費用(頭金や諸費用)、月々のローン返済、維持費(固定資産税、保険、メンテナンス費用など)がかかります。

賃貸住宅では初期費用や維持費が比較的低い場合が多いですが、毎月の家賃が支払われるため、ローン返済との比較が必要です。

将来のライフスタイルや経済状況に合った選択を行いましょう。

4. 家を購入するタイミングを考える

住宅を購入するタイミングを検討する際には、以下の要因を考慮しましょう。

4.1 年齢

年齢に応じて、住宅購入のタイミングを考えることが重要です。

若い世代: 若い世代は将来のキャリアや家族計画に合わせて住宅を選ぶことが多いです。

将来的な収入の見通しや家族の増加を考慮し、長期的な視点で購入を検討します。

中年世代: 中年世代はキャリアが安定し、子供の教育費用や老後の備えなどを考えながら住宅を購入することが多いです。

退職後の生活スタイルも考慮しましょう。

高齢者: 高齢者は健康状態や介護の必要性に応じて住宅を検討します。

バリアフリーな住宅や医療機関へのアクセスが重要です。

4.2 年収

年収は住宅購入の資金調達に大きな影響を与えます。以下のポイントを考慮しましょう。

収入安定性: 安定した収入がある場合、住宅ローンの返済が安定しやすくなります。

不安定な収入源からの住宅購入は慎重に検討する必要があります。

借入可能額: 年収に応じて、銀行や金融機関からの借入可能額が変わります。

事前に借入可能額を確認し、予算内で物件を選びましょう。

4.3 貯蓄

住宅購入には頭金や初期費用が必要です。

貯蓄額によって、住宅購入のタイミングや物件の選択肢が変わります。

頭金を用意することで、ローンの負担を軽減できます。

5. まとめ

住宅購入は将来の生活計画に大きな影響を与える重要な決断です。

購入時にはリスクを理解し、対策を講じることが不可欠です。

高騰する物価や金利の変動、自然災害などのリスクに対処するために、慎重に計画を立て、適切な物件を選びましょう。

また、賃貸との比較検討や年齢、年収、貯蓄額など、自身の状況に合わせて最適なタイミングで住宅購入を進めることが大切です。

住宅は生活の中で重要な役割を果たすため、慎重なプランニングが成功の鍵となります。

  • この記事を書いた人
アバター画像

ゆかいえ

子供:2人(7歳、4歳) アラフォーのワーキングママ。FP2級(ファイナンシャルプランナー)。わたし自身の家づくりでは情報収集に苦労したので、これから家を建てる方に当サイトが少しでも参考になるよう情報を配信中です。マイホームに関する質問や不明点などある方は公式LINEよりお気軽にコメント下さい♪

よく読まれている人気記事

1

いざマイホーム購入のために行動を開始しようとしても、 一体何から手を付けていいかわからないもの。 土地から探したらいいの? ハウスメーカー探しが優先? とりあえず住宅展示場に行っておくべき? などなど ...

2

住宅は非常に大きな買い物なので、 どうしても失敗したくないですよね。 失敗すると貯金が大きく減り、 住宅ローンの返済はその後の家計に何十年と 大きな影響を及ぼします。 住宅購入にまつわるお金のことで失 ...

3

ゆかいえはじめての注文住宅で大失敗しそうになったアラフォー子持ちの私の体験談を初めて公開します。 29歳でシステムエンジニアの夫と結婚し、 31歳の時に子供(男の子)が生まれました。 その時にはじめて ...

-注文住宅

© 2024 注文住宅で失敗しないためのメモbyゆかいえ【2024年3月版】