ハウスメーカー 注文住宅

見積もり時に安さを売りにしているハウスメーカーは要注意

投稿日:

数年前に注文住宅を建てました。
失敗したところは、まず対面キッチンのカウンターの幅です。

幅や高さは好きなように言ってくださいという業者だったので余計に悩みました。
結果、幅が狭すぎて使いづらいものになってしまいました。

そして高さももう少し高いほうが良かったので、もっとじっくり考えて注文すればよかったと後悔しています。

次に照明です。
最初はできるだけコスト削減を考え、リビングのダウンライトをつけなかったのですが、住んでいるうちに欲しくなりました。
夜、ゆっくりお酒を飲むときやDVDを見るときに、やはりダウンライトの雰囲気がいいなと思い直し、追加工事を依頼しました。

素人考えで簡単につくものと思っていたら、リビングの天井に点検口のような四角い戸ができてしまい不恰好になりました。
いらないと思っても、つけていて邪魔にならず後でつけるのが大変なものは、先につけておいたほうが良かったと思いました。

業者を選ぶときに感じたことですが、
見積もり時に安さが売りの業者は、必要なものもオプションになっていることがあるので、後で付け足していくとほかの業者と価格がさほど変わらなかったところもあります。

何がオプションで何が標準装備なのかをきちんと比較する必要があると思いました。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

私自身が注文住宅で実際に失敗した理由をさらします。 まず私についてですが、当時38歳の会社員で年収は360万円程度でした。これまでに貯めた260万円を頭金にして、2,200万円の住宅ローンを組みました ...

-ハウスメーカー, 注文住宅
-

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年7月版】 , 2018 All Rights Reserved.