ハウスメーカー 注文住宅

見積もり時に安さを売りにしているハウスメーカーは要注意

数年前に注文住宅を建てました。
失敗したところは、まず対面キッチンのカウンターの幅です。

幅や高さは好きなように言ってくださいという業者だったので余計に悩みました。
結果、幅が狭すぎて使いづらいものになってしまいました。

そして高さももう少し高いほうが良かったので、もっとじっくり考えて注文すればよかったと後悔しています。

次に照明です。
最初はできるだけコスト削減を考え、リビングのダウンライトをつけなかったのですが、住んでいるうちに欲しくなりました。
夜、ゆっくりお酒を飲むときやDVDを見るときに、やはりダウンライトの雰囲気がいいなと思い直し、追加工事を依頼しました。

素人考えで簡単につくものと思っていたら、リビングの天井に点検口のような四角い戸ができてしまい不恰好になりました。
いらないと思っても、つけていて邪魔にならず後でつけるのが大変なものは、先につけておいたほうが良かったと思いました。

業者を選ぶときに感じたことですが、
見積もり時に安さが売りの業者は、必要なものもオプションになっていることがあるので、後で付け足していくとほかの業者と価格がさほど変わらなかったところもあります。

何がオプションで何が標準装備なのかをきちんと比較する必要があると思いました。

  • この記事を書いた人

isidayuka

生年月日:1980年4月20日 子供:2人(7歳、4歳) アラフォー(39歳)のワーキングママ。FP2級(ファイナンシャルプランナー)。わたし自身の家づくりでは情報収集に苦労したので、これから家を建てる方に当サイトが少しでも参考になれば幸いです。

よく読まれている人気記事

1

いざマイホーム購入のために行動を開始しようとしても、 一体何から手を付けていいかわからないもの。 土地から探したらいいの? ハウスメーカー探しが優先? とりあえず住宅展示場に行っておくべき? などなど ...

2

「そろそろ自分の家を建てたいなー」 結婚したり、 子供が生まれたりすると 家を持ちたくなりますよね。 マンションだと騒音が気になるし、 子供が小学校に入る前に なんとか家を決めたい。 そんな時、 とり ...

3

住宅は非常に大きな買い物なので、 どうしても失敗したくないですよね。 失敗すると貯金が大きく減り、 住宅ローンの返済はその後の家計に何十年と 大きな影響を及ぼします。 住宅購入にまつわるお金のことで失 ...

-ハウスメーカー, 注文住宅
-

© 2021 注文住宅で失敗しないためのメモbyゆか【2021年4月版】