ハウスメーカー

ハウスメーカーを決めた理由

投稿日:

ハウスメーカーを決めたポイント

我が家は昨年、第一子出産を機に家を注文住宅で建てました。
親の土地に建てましたのでハウスメーカー探しから始まりました。
とはいえ、何からすれば良いのかわからなかった私たちは
取りあえず質の高い情報を集めようと無料相談へ行き、片っ端から質問することにしました。
それによりあらゆる疑問を解決し、自分たちで良さそうと判断したハウスメーカーへ。
小さな子供を抱いての見学でしたので、3つほどまわり終了。
ですが、ことの時の印象の良さが後々まで響いて結局は一番初めに見学したハウスメーカーと契約を結ぶことになりました。

担当営業さんとの相性も大事

家づくりをしていく中で大事なことの一つに、担当営業さんとの相性があると思います。
家の性能などに関しても勿論大切ではありますが、今どきの家なら一定の基準はクリアしたものになりますのでお金に見合ったものは完成できます。
ただし、この家を作っていく中で担当営業さんとの打ち合わせなどのやり取りは非常に多く、こちらが気づかないところへの提案や指摘をどんどんしてくれるような人でないとイライラすることが多くなってしまうように思います。
我が家の担当となったKさんはこちらの心配事には丁寧に回答をくれましたし、先回りして物事を進めてくれる方でした。
また、Kさん自身がそのハウスメーカーで家を建てており、身を以て家づくりの経験をしていることと2人にお子さんをお持ちの我が家より程よく先輩な感じも相談しやすくて良かったです。
この方のおかげで、不安になったりイライラしたりせずに家づくりを楽しんで行うことができたと思います。
これから家づくりをしようと思う方は、担当営業さんが誰になるのかしっかり確認してコミュニケーションを十分に取ったうえで契約をすることをお勧めします。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

私自身が注文住宅で実際に失敗した理由をさらします。 まず私についてですが、当時38歳の会社員で年収は360万円程度でした。これまでに貯めた260万円を頭金にして、2,200万円の住宅ローンを組みました ...

-ハウスメーカー

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年7月版】 , 2018 All Rights Reserved.