注文住宅

家を建てるならとにかく情報収集に徹しましょう

投稿日:

私は2年前に必要に迫られ、急遽住宅を建てることになりました。心の準備もそこそこに土地探しから始めましたが、せっかく自分の家を建てるのであれば、心底気に入ったものにしたい!そう考えて、図書館で家づくりの月刊誌を借り、住宅展示場を巡り、新築見学会をかたっぱしからまわり、あらゆるところから情報を入手し、自分たちの理想のかたちを見つけることから始まりました。

何もイメージがなくても、完成見学会を数件まわるうちに、自分の理想の家がだんだんと見えてきます。その作業はワクワクして面白く、毎晩夫婦で遅くまで話し合い、調べ、理想の家を形作ってきました。

ハウスメーカーを決め、家の間取りを決め、ほっとしたのも束の間。次は内装は、外装は、壁紙は、カーテンは、床は、決めなくてはいけないことばかり。そのたびにまた展示場をまわり、今の流行に惑わされず(家の内装にも流行があるのです)、自分たちの気に入ったかたちをつくることをあきらめませんでした。最後の外装まで、本当に息つく暇もなく、決めることばかりです。

住宅は三度目にしてやっと理想のものができる、と聞いたことがありますが、とにかく情報収取に徹し、自分たちの理想を頭において形作っていけば、後悔することなどありません。根気よく、あきらめずに、です。

今は無料で相談できるサービスや、ハウスメーカーや工務店の資料を一括請求できるサービスなどもありますので、こういったものは徹底的に利用し、無料で利用できるものはすべて利用して知識を吸収し尽くしていく姿勢が大切です。

ここで情報収集の助けになるサービスを紹介しておきます。

スーモカウンター
無料で注文住宅に関するあらゆる質問に答えてもらえます。また、自分の要望にあった建設会社をたくさんのハウスメーカー、工務店の中から提案してくれます。なんといっても無料ですので、時間をつくって一度は利用する価値があります。

タウンライフ家づくり
ネットで簡単に複数の住宅会社にオリジナルの「家づくり計画書」を依頼することができます。間取りプラン、資金計画書、土地探し計画書を無料で作成してもらえます。

こういった無料サービスを利用しつつ、住宅展示場に足を運んだり、ハウスメーカー、工務店を訪問したりすることで、より希望に近い住宅を建てられる確率は高まっていきます。
ぜひとも事前調査には十分な時間をかけて、後悔のない住宅造りをしてください。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

私自身が注文住宅で実際に失敗した理由をさらします。 まず私についてですが、当時38歳の会社員で年収は360万円程度でした。これまでに貯めた260万円を頭金にして、2,200万円の住宅ローンを組みました ...

-注文住宅

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年7月版】 , 2018 All Rights Reserved.