坪単価 注文住宅

坪単価が安い注文住宅は怪しいか

投稿日:

坪単価は注文住宅の価格を比較する上で重要な指標になります。
この値段を参考に依頼先を決める人も多いのではないでしょうか。

坪単価には幅があり、20万円台からのところもあれば、坪単価が100万円を超えるような高級ハウスメーカーもあります。

坪単価比較一覧

坪単価が安いのに越したことはありませんが、これだけ差が大きいと、安すぎるのも不安に感じてしまいます。この坪単価の差はどのように生まれているのでしょうか。

坪単価が安い理由

坪単価が安くなるのには色々な理由があります。
基本的に、安いからといって欠陥住宅になったり、手抜き工事になったりしてしまうかというと、そんなことはありません。安いには安くなるだけのしっかりとした理由があるのです。

まずに考えられるのは、建材や構法など、工事にかかるコストが違うということです。
坪単価の高いハウスメーカーでは、性能を上げるために、手間のかかる工事を行い、高性能な建材を使い、見た目も豪華に仕上げています。
坪単価が安い場合、工事は単純で簡単なものが採用され、安価な素材や建材を採用し、シンプルな見た目に仕上げます。ただ、安い素材や建材を使っているからと言って、手抜きや欠陥に即繋がることはありません。まともなハウスメーカーであれば法律的なラインは確実にクリアした上で、コストカットを行っています。工事や作りがシンプルであればあるほど、施工の難易度が下がり、かえってミスが生まれにくいというメリットもあります。

もう一つが、時期とタイミングによる値引きによる坪単価の低下です。
決算前のタイミングで、どうしても契約が欲しい時などは、思い切った値引きをする可能性が高まります。
また、その営業所が手がける工事が少なく、比較的手の開いているタイミングでも、坪単価が安くなる可能性があります。職人の手を開いたままにしているよりは、多少利益を削ってでも仕事を取ってきたほうが良いと判断されるためです。
どちらも会社の都合による値下げとなるため、購入者側が狙うのは難しいですが、もし遭遇できたなら絶好のチャンスです。

手抜きによって値下げされることはないため、他社より安いと感じた場合は、素直に営業や担当者などに聞いてみるのが良いでしょう。大抵は安さの理由を説明してくれます。

坪単価が安いと手抜き工事になりやすい?

建売住宅や企画住宅とは違い、注文住宅は一点物です。オリジナルの住宅だからこそ、手抜きや欠陥に怯える人が多いです。住宅の値段が安くなればなおさらです。

そのため、現場への差し入れや担当者へのお土産など、気配りをする依頼者も多いです。

もちろん、差し入れによってやる気が出たり、丁寧に作業をしようという意識の変化が起きたりすることは期待できるでしょう。現場や営業担当と良好な関係でいるに越したことはありません。
ただ、坪単価が安いことに対して、現場への過剰な心配は不必要です。

というのも、現場の人間は詳細な住宅価格や値引きの状況について把握していないことが多いのです。値引きをしたからと行って、作業の手を抜こうと考えることはありません。坪単価や値引きを気にせず、安心して工事完了を待ちましょう。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

私自身が注文住宅で実際に失敗した理由をさらします。 まず私についてですが、当時38歳の会社員で年収は360万円程度でした。これまでに貯めた260万円を頭金にして、2,200万円の住宅ローンを組みました ...

-坪単価, 注文住宅

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年7月版】 , 2018 All Rights Reserved.