ローコスト住宅

555万円の家、実際建てるといくらかかる?

投稿日:

本当に555万円で家が建つのか

住宅といえば高価なもの。
アイダ設計の555万円の家という広告に衝撃を受けた人は少なくないはずです。

しかし気になるのは、本当に555万円で家が建つのかということ。
そして、555万円で建てられた家は安全なのかということです。

結論からいえば、555万円だけで家が建つことはありません。
確かに建物をつくるだけならば555万円で住むのですが、実際に住宅をつくるとなると、他にも色々とお金がかかってしまいます。

実際の出費はもっと多くなります。

家を建てる時に必要な費用

アイダ設計の555万円の家の場合、555万円は家の本体価格(建物価格)のみを指します。

家を建てる際に発生する費用は本体価格の他に以下のようなものがあります。

・付帯工事費
・設備費
・外構工事費
・消費税等の税金

アイダ設計以外のハウスメーカーの広告でも、こうした建物価格以外の費用を含めない価格を表示しているところは少なくありません。
広告などでよく見かける坪単価も、建物価格を面積で割って計算していることが多いです。

アイダ設計に限らず、広告価格を鵜呑みにしてしまうと、予想以上にお金がかかって困ることになってしまいます。

アイダ設計の555万円の家場合、本体価格以外に300万円ほどはかかります。
555万円をうたっておきながら、最終的には1000万円近くかかることになるため、「騙された!」と感じる人も多いです。
更に、土地を購入する必要のある場合はもっと予算が必要になります。

ただ、555万円といいつつ1000万円必要になったとしても、戸建てで1000万円弱なら十分に低価格なのは間違いありません。

555万円の家はどんな家?

555万円の家の広さは15.25坪です。

間取りとしては1LDK程度になります。
部屋数を増やすこともできますが、あまり小さく区切ると狭苦しくなってしまいます。
バスルームに洗面所、キッチンとリビング・ダイニングに寝室一部屋が目安です。

子どものいる家庭にはやや狭いです。
子どもが小さなうちは事足りるかもしれませんが、勉強やプライベートの確保のために子ども部屋が必要になっても、子ども部屋をつくる余裕がありません。

もし3人以上で生活することを考えているのであれば、もっと広さのあるローコスト住宅を検討してみることをおすすめします。
しかし、夫婦2人の住まいとしてはちょうどいい大きさです。広すぎず掃除も楽で、老後の住まいには向いています。

価格の割に建物や設備、デザインなどの評判はよく、安全性や快適性の問題はありません。
しかし、狭さゆえに間取りの自由度はほとんどないも同然で、設備や内装なども選択肢は少ないです。
自分好みの家を建てたいという場合には不向きです。

また、大手ハウスメーカーなどに比べると、どうしてもアフターケアやメンテナンスの面では劣ります。

家賃よりも安く家を購入できる可能性

アイダ設計の住宅は低価格なため、毎月の住宅ローンの返済が、それまでの家賃を下回るというケースも多いです。
毎月の負担を減らすだけでなく、家も手に入るというのは非常に大きなメリットです。

賃貸とは違い、メンテナンスや維持管理を自分で行う必要はあるものの、壁の傷や隣の部屋の生活音を気にせずにのびのびと暮らせるようになります。

ローコスト住宅を比べる際は価格に注意

555万円の住宅とはいいますが、実際に家を建てるとなると他にもお金がかかります。
アイダ設計に限らず、住宅価格はわかりにくい表示のものが非常に多いです。
価格を比べたり、予算を考えたりする際は注意しましょう。

555万円の家は非常にコンパクトな設計で、子どものいる家庭には狭いですが、夫婦2人で暮らすにはちょうど良い広さです。
場合によっては賃貸の家賃よりも住宅ローンの返済が安くなることもあるため、老後の住まいとして検討するのも良いでしょう。

よく読まれている人気記事

1

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

2

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 たくさんの業者の中から自分にあった ...

3

「CMでも人気のスーモカウンターですが、今すぐ申し込んだほうが良いでしょうか?」 こんな問い合わせが最近非常に多いです。 ということで、どんな人が申し込むべきかまとめてみました。 以下の内1つでも該当 ...

-ローコスト住宅

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年12月版】 , 2018 All Rights Reserved.