ヤマト住建の注文住宅の評判と値引き

1.特徴
●広告費を抑えたローコスト住宅
ローコスト住宅を提供するメーカーの多くは、インパクトのある価格を前面に打ち出した広告を出しています。住宅の価格を抑えてある分、ある程度薄利多売になるのは仕方ないのですが、住宅価格の内広告費が占める価格は案外多いと聞きます。例えば、大手メーカーでは住宅価格の2%が広告費だそうです。2%だと少なく聞こえるかもしれませんが、1000万円中10万円が広告費だと考えるとたかが2%とは思えません。
ヤマト住建ではCMやチラシなどの広告はあまり行っていません。基本的に口コミを中心に知名度を広げているハウスメーカーです。本来広告に使われていた分の金額が、価格や質に還元されていると思うと、少しお得にも感じます。

●木の家オアシス
ヤマト住建では、無垢材を多く使用し、シックハウス症候群のリスクを抑えた住宅を販売しています。シックハウス症候群の対策には、建材の変更や換気設備の設置などさまざまなものがありますが、ホルムアルデヒドへの対策ばかりになりがちです。ヤマト住建ではホルムアルデヒドだけでなく、揮発性有機化合物にも注目し、建材だけでなく換気設備にも工夫をした住宅を販売しています。

販売は関東地方が中心で、今後はより広範囲に販売地域を広げていく方針のようです。
評判は概ね良いようですが、営業については例に漏れず賛否両論あります。CMなど広告がない分、営業のイメージがそのまま会社のイメージに直結する可能性も高いでしょうから、社員教育にはもっと力を入れて欲しいところです。

2.価格と坪単価について
比較的坪単価の低いハウスメーカーです。
商品ごとの坪単価は以下のとおりです。
木の家オアシス:無垢材を使い、シックハウス症候群のリスクを抑えた住宅で、坪単価は40~45万円
エネージュ:省エネを重視し、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック優秀賞の実績もある住宅。坪単価は40~55万円程度。
KURASUma:自由設計ながら坪単価は35~45万円の住宅。
KURASUmaⅡ:ローコスト企画住宅で、720万円で建つ住宅というコンセプトではあるものの、実際は1000万円程度になるようです。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 だいすけ「こどもが大きくなったら広い部屋と庭が必要。絶対に家は買ったほうがいいよ。」 と妻に意気込んで相談した。 み ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 たくさんの業者の中から自分にあった ...

投稿日:

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2019年6月版】 , 2019 All Rights Reserved.