不動産売却 未分類

不動産一括査定サイトとは(メリット・デメリットとそのカラクリ)

投稿日:

不動産一括査定サイトとは

ネットで簡単に査定をしてもらえる時代

今の時代、わざわざ不動産屋さんを尋ねて、「家を売ろうと思っているので査定をしてもらいたい」なんて言いに行くのは時代遅れです。

このネットの時代では、不動産への査定の依頼もネットで済ませることができます。

中でも不動産一括査定サイト、とは個々に不動産のホームページなどの連絡フォームから査定の依頼をする必要も無く、一つのサイトを通じて査定を依頼することができるサイトです。

しかも、一度にいくつもの不動産会社に査定の依頼をすることができますから、非常に便利です。


もちろん、簡単に時間も手間も掛けずに査定をしてもらえる、という部分も不動産一括査定サイトの大きなメリットではありますが、それ以上のメリットとして、複数の不動産に査定をしてもらうことによって、売却しようとしている物件の大まかな相場を知ることができることが挙げられます。

私たち不動産のド素人にとって、家の値段の相場なんてそう簡単に分かるものではありません。

分かるのは実際に不動産で働いている人達ばかりです。

実は、従来まではそれをいいことに、価値のある家を安く買い取るように契約したり、高すぎる値段にこだわるあまりに、売れ残ってしまって税金がかさみにかさんで損をしてしまう、ということが良くありました。

しかし、不動産一括査定サイトを使用することで、複数の業者に査定してもらって相場を知り、適切な価格での契約を一段と行い易くなったのです。

売れる家なら売らなきゃ損ですから、売ることを前提とした査定をしてもらえる不動産を探すためにも、不動産一括査定サイトはおすすめです。

・不動産一括査定サイトの仕組み

査定をする際には非常に便利な不動産一括査定サイトですが、どのようにして利用すればいいのでしょうか。

こちらは悩む必要もありません。

不動産一括査定サイトに情報を登録し、複数の不動産会社に対して依頼をするだけで、あっという間に査定までの手続きは完了してしまいます。

登録料なんてありませんし、ネットだけの簡易査定も、実際の物件を見てもらっての訪問査定をしてもらう際にも、お金は一切かかりません。

かかるのは入力の手間と希望する不動産会社を探す時間だけです。

非常に簡単で、しかもお金がかからない。これが不動産一括査定サイトの最大のメリットです。

また、余談にはなりますが、不動産一括査定サイトと不動産会社は同一のものではありません。

運営会社が運営しているサイトに、掲載料などを払って掲載させてもらう、という関係性になっていますので、運営会社や不動産会社は私たち利用者に対してお金を請求する必要性がないのです。

しかも、運営サイトはどれもWebマーケティングの大手のベンチャー企業や、その他の大手企業の別事業部などが運営していることが多いので、安心して利用することができます。

特に、大手企業などが運営している不動産一括査定サイトの場合には、登録している不動産会社が1000社を超えるところもありますので、自身の望む不動産会社を探し出すのにはうってつけでもあるのです。

もちろん、ネット検索と同じで、探す作業も非常に簡素に済みます。

以上をまとめると

・不動産一括査定サイトはお金も手間もかからず便利
・複数の不動産会社の査定で適切な物件の相場が分かり易い
・多数の不動産会社で査定が可能なため、希望する不動産を見つけ易い

というメリットがあるのが、不動産一括査定サイトだと言えるでしょう。

ただし、メリットばかりがあるわけではなく、デメリットもありますので、以下に説明する部分も良く知って、理解しておきましょう。

メリットも多いがデメリットも気になる

・地域格差がはっきりとしている
不動産一括査定サイトのまず第一のデメリットと言えば、地域格差が明確であるという点です。

不動産一括査定サイトには実に1000を超える不動産会社が登録をしていますが、それらの殆どが名前も広く知られていないような、中小の不動産会社になります。

さらに、登録している不動産会社の多くが都市部に集中しています。

都市部の人が不動産を探す際には本当にたくさんの選択肢があるのですが、逆に地方で不動産一括査定サイトを利用すると、自分の地域にある不動産会社を探すのにも一苦労で、サイトによっては一つも見つからないこともあります。

それならば、地方在住の方であっても都市部の不動産に査定を依頼して、契約をすればいい、と考えるかもしれませんが、実はそれができないのです。

日本においては、不動産の取引に関しては許可が必要になります。

この許可には2種類があり、一つは国土交通省が下す許可、もう一つはそれぞれの都道府県が下す許可です。

この二つの違いは、国土交通省の許可は、国が認めたものであり、全国各地で効果を発揮するもので、例えどの県にいたとしても、不動産の取引が可能になります。

一方の都道府県の許可では、許可を出している都道府県内のみで効果を発揮するために、別の県での不動産の取引ができないようになっています。

そして、前述したことから察せるかと思いますが、中小の不動産は基本的には都道府県の許可しか受けていません。

国土交通省の許可を受けている不動産も中小にあるかもしれませんが、ほんのごく一部に過ぎなかったり、大手の不動産であることが多いです。

ですので、地方で不動産一括査定サイトを使う場合には、自身が望む不動産会社を見つけるのが少し難しいというのがまず一つのデメリットだと言えるでしょう。

不動産会社の目的とのズレ

不動産会社を介して、物件の販売を行うとき、私たち利用者側からすればできるだけ高い金額で販売をしてもらえるように媒介契約を結んでくれる業者がいいと考えるはずです。

媒介契約は、要するにその物件を不動産会社が購入するのではなく、不動産会社を仲介として、新たに購入してくれる人を探すための契約、ということです。

この媒介契約をする際に行われるのが査定です。

査定によってこの物件はどのくらいで販売することができるか、ということを教えてもらい、それに納得すれば私たち顧客側がその契約を結ぶ、というのが不動産売買の一連のやり取りです。

不動産一括査定サイトは、そこにさらにサイトを仲介として、家主の利用者と不動産会社のやりとりを円滑にするためのものですが、実は不動産一括査定サイトを利用している不動産会社にとっては、利用者である我々の希望に添えるような取引が行えるようにする、という目的よりは、自分たちの利益を上げるため、という目的を持っている所がほとんどです。

利益を上げるべき会社としては、当然のことのように思いますが、そもそも不動産一括査定サイトに不動産会社が登録をするメリットとしては、集客率を上げるという広告の役割が最も高いです。

先ほども説明した通り、サイトに登録している不動産会社の殆どが中小の不動産会社です。

大手と比べると、毎日の取引は少なく、少しでも利益を上げないと、と切羽詰まっているような場合が多いです。

そこに、不動産一括査定サイトを通して査定の依頼が舞い込んできたとしましょう。折角のチャンスですから、これは逃してはならないと考えるのが普通です。

さて、不動産の取引において、査定は重要だとはこれまでの説明で分かってくれていると思いますが、利用者としては査定額がどのような場合に、こちらからぜひとも契約をさせてもらいたい、と思うでしょうか。

こちらはとても単純に、査定金額が大きな額となっているときです。もしかしたらこの物件が結構いい値段で売れるかもしれない、と分かれば、ぜひともそちらと契約をしたいと思うのは、不動産売買以外でも通じる常識的な事です。

ただ、不動産売買の査定においては、これは大きな落とし穴となります。

査定額というものの意味は「この物件が大体これくらいで売れる」ということを表しているだけであって、物件の適切な価値を表しているものではありません。

価値を知りたいのであれば、それは専門的な知識、資格を持った人に鑑定をしてもらわなければなりません。

しかし、査定は素人でも行ってもいいもので、あまりいい言い方ではありませんが、多少いい加減であってもいいのです。

そして、査定額がそのようなものであるために、不動産会社の中には査定額をある程度高く見積もっておいて、契約を確実に取れるようにしておいて、実際に販売をするにあたっては、査定額よりも少ない金額で販売をする、ということが良くあるのです。

一見、詐欺ではないか、と思われるかもしれませんが、査定額とは時と場合によって変動するものですし、適正な価値を示す値段でもないために、少ない額であったとしても、それでしか売ることができなかったと言われれば、利用者側は納得するしかないのです。

そして、このような場合は不動産一括査定サイトにも良くある事例です。

特に簡易査定によって、どの不動産会社に依頼をするか決めようとしているときに、一つだけ査定額の高いところがあれば、ついついそちらの話を詳しく聞こうとしてしまうのが、不動産界隈の査定の常識を知らない人のついやりがちなことなのです。

場合によっては、本来はもっと高く売れたのに、安くついてしまうということもありますので、知らずに契約を結んでしまうと、もう取り返しのつかないことになりかねない、大きなデメリットなのです。

また、このようなことは不動産会社からすればあくまで営業活動の一環です。

企業がより利益を求めて何が悪いのか、という理論で行われるやり取りです。私たち利用者は不動産会社は私たちの希望を叶えてくれる人達、と考えてしまいがちですが、中にはこのような理論で、利益を確実に上げようとする業者もいますので、注意を払わなければならないのです。

以上をまとめると

・不動産一括査定サイトの利用は地域格差が出やすく、地方での利用は難しい場合がある
・不動産一括査定サイトで査定額の高さに引かれると取り返しのつかない損をする場合があり、それは利用者と不動産会社との目的の祖語によって生じてしまう。

これらのデメリットが存在するということが言えます。前者のデメリットはどうしようもありませんが、後者のデメリットならば、対策をする方法はありますので、以下に説明する不動産一括査定サイトの使いこなし方を参照してみて下さい。

不動産一括査定サイトを使いこなすには

・査定方法の違いを理解し、使い分ける
不動産一括査定サイトには、メリットもありますが、デメリットもあります。

しかし、デメリットの内、地域格差以外ならば、利用方法いかんによってしっかりと対策することができます。特に、査定額で騙されないためにも、訪問査定と簡易査定をしっかりと使い分ける必要があります。

これまでに複数の業者に査定をしてもらうことができる、と述べて来ましたが、ほとんどは簡易査定で行われることになるでしょう。

簡易査定はネット上のみで完結させられる方法で、手間や時間があまりかからないのはこちらです。

訪問査定は実際に物件を見てもらって査定をしてもらう必要があるため、時間もかかりますし、何よりその都度に自身で対応をしなければならないので、かなり面倒です。

実際に契約をするためには、どちらの査定もしてもらう必要がありますが、簡易査定と訪問査定では、査定額の違いが必ず生じます。

というのも、簡易査定は入力された情報のみを元に審査をするため、物件の周囲の状況、協会の問題などの詳しい部分が分からないためで、訪問査定の際にそれらを確認した際に、ほぼすべての場合において、査定額は下がります。

ただし、これはそのようなものだと考えて下されば大丈夫です。

なぜならば、簡易査定をしてもらうのは別の理由があるからです。

その理由はデメリットである査定で騙されることを防ぐ役割と、メリットである適切な査定額を見定める役割があることです。

簡易査定は、不動産一括査定サイトの複数の業者に一度に査定をしてもらえる査定方法です。

ですので、これらで出てきた金額を比較することによって、適切な査定額と、利益を上げるために騙そうとしている業者を見極めることができます。

適正な金額としては、大体5社から6社くらいの簡易査定を受けて、業者がつけた査定額の真ん中あたりの金額、もしくは一番多くつけられている金額の辺りが該当します。

もし、一際高い査定額を付けているところや、異様に低い査定額の所があれば、そこを除外することによって、適切な金額で物件の取引を行える確率がぐんと上がります。

その後に残った業者の中から訪問査定をしてもらって、納得のいく値段の業者を選ぶようにするのがベストです。

ただし、実際の販売額は低くなったりすることがないわけではないので、注意しましょう。

査定額はあくまでも参考の値段であると考え、大抵は下がるものだと思っていてください。

ですが、平均値ぐらいで査定額を出しているような不動産会社であれば、ある程度は信用しても大丈夫な、手堅い不動産会社であるのは間違いないので、大きく下がることはないと思いますので、安心していいでしょう。

・複数の不動産一括査定サイトで検討する

少し前に、不動産が1000件を超えるくらいの登録数がある不動産一括査定サイトがあると述べましたが、それ以外の不動産一括査定サイトがあまり役に立たない、と言う訳ではありません。

確かに、登録している不動産会社が多い方が、自身の地域でも利用でき、希望に合った不動産会社を見つけやすいのは間違いありません。

ですが、実際に候補を見てみた時に、自身の望む不動産会社が、ほんのわずかしか登録している不動産会社のないサイトに、載っているかもしれません。

つまりは、大きなサイトでも、小さなサイトでも内容が完全に一緒だという訳ではなく、むしろ大きなサイトでも、全ての不動産を網羅しているわけではないので、たとえ小さなサイトでも、自身の望む不動産会社が見つかる可能性が十分にあるのです。

それを見落としていると、後々別の不動産会社の方がよかったかもしれない、と気付くこともありますので、後悔をしないためにもいくつかの不動産一括査定サイトを覗いておくといいでしょう。

・契約の種類を知り、慎重に契約をする

最後は、不動産一括査定サイトの利用法、というよりはその先の契約の際の注意点です。

不動産の取引をする際には、媒介契約を結ぶ必要があると述べましたが、この媒介契約には三つの種類があります。専属選任媒介契約、選任媒介契約、一般媒介契約です。一般媒介契約以外は、複数の会社と結ぶことができない契約です。

つまり、もしもうっかり契約を完了させてしまうと、まだ他の業者に訪問査定をしてもらっていないのに、査定をしてもらったとしても契約ができなくなる、ということがあるということです。

そう多い事例ではないと思いますが、不動産会社もできるだけ契約を増やしたいと思っているので、訪問査定の際にはうまく言いくるめようとしてくることもあります。

ですが、まだ他にも査定をしてもらうつもりならば、しっかりと断っておくことも大切です。損をするのは自分なので、契約を取る際には慎重に決断するようにしましょう。

また、契約をしてしまうと売れるかどうか、値段はどうなるのか、ということは完全に不動産会社の力量になります。

例え、査定額が十分だと思っても、売る能力がほとんどない不動産会社と契約をしてしまったら、大きな損をしてしまいます。

ですので、一度査定をしてもらっても、すぐには契約をせずに、契約をするつもりの不動産会社の評判などを集め、十分な力量があるかどうかということを見極める必要もあるでしょう。

では、これらの注意点をまとめると

・簡易査定、訪問査定の内実を理解して効果が出るように利用する
・複数の不動産一括査定サイトで不動産会社を探してみる
・契約をするときには慎重に

まとめ

いかがでしたか? 比較的デメリットに焦点を当てた説明にはなりましたが、その解決方法も少し紹介しておきましたので、こちらを読んでいただいた方が、不動産一括査定サイトを使って損をするようなことは無いと思います。

物件を売る側としても、買う側にしてもかなり大きなお金が動く取引ですので、絶対に後悔をしないためにも、不動産一括査定サイトをしっかりと使いこなせるようにしておきましょう。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 だいすけ「こどもが大きくなったら広い部屋と庭が必要。絶対に家は買ったほうがいいよ。」 と妻に意気込んで相談した。 み ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 たくさんの業者の中から自分にあった ...

-不動産売却, 未分類

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2019年6月版】 , 2019 All Rights Reserved.