住宅ローンを組む時に考えた事悩んだ事

住宅ローンを組むのは、普段の生活の中でパソコンをローンで購入したりするのとでは大きな違いがあります。
金額的に考えても人生への影響は非常に大きいのでなるべく失敗しない住宅ローンを組みたいと思うのが当然と言えます。

我が家の場合は、年齢的に考えて25年以内では返済したいと考えてローンを組む事になりました。
なるべく早く返済するだけ利息も減りますが、毎月の支払いは高くなるのは避けようと思い、25年ローンで落ち着きました。
保証人は両親がなってくれましたが、もちろん両親に迷惑はかけないように約束しました。
結果的に月々の返済は6万円くらいになり、我が家の収入でもそんなに圧迫感はないくらいの金額で返済できるようになりました。
住宅ローンを組む場合は、なるべく働き盛りの頃に返済を終わるくらいの住宅ローンがベストだと思います。
収入やライフスタイルによってベストな住宅ローンは一概には言えませんが、借金はなるべく早く返済しながら、無理せずに返済できる条件で考えてよかったと思います。
また住宅ローンを組む場合、固定金利と変動型のどちらがベストなのか悩むと思いますが、我が家は固定金利を選ぶ事になりました。
今のところ、固定金利の住宅ローンで良かったのか答えは出ていませんが、後悔しない住宅ローンが組めたと思っています。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 だいすけ「こどもが大きくなったら広い部屋と庭が必要。絶対に家は買ったほうがいいよ。」 と妻に意気込んで相談した。 み ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 たくさんの業者の中から自分にあった ...

投稿日:

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2019年6月版】 , 2019 All Rights Reserved.