住宅ローンは余裕を持った返済計画を

10年固定金利の35年ローンで、地元銀行で借入しました。

フルタイムの共働きだったため、手元にもう少し資金を残して多めに借入するという選択肢もありましたが、先々のことを考えて、ボーナス払いはなしで月々の返済のみになるよう組みました。

当時子供は2歳でしたが、この先増えるかもしれないことでの経済的負担や、この先どちらかの転職や失業、育児のため私が退職することを考えると、フルタイムでの収入が継続されるもの、と考えるのはこのご時世リスクが大きいような気がしたからです。

結果としてそれが大正解!なんと建てて1年ほどで夫がリストラされてしまいました。
思わぬ事態に慌てましたが、すぐにパンクする状況でなかったことで冷静になれました。

その後の失業手当やアルバイトでもどうにかやり過ごすことが出来たのは、ゆとりのある返済計画を組んでいたからだと思っています。
その後再就職して仕事が軌道に乗った後で繰り上げ返済も3回行いました。

繰り上げ返済については、早ければ早いほど有利なので頑張りましたが、あまりそこにばかり気持ちが向かうと生活がおろそかになるので、今は教育資金メインで貯金を増やしています。
住宅ローンは先が長く、病気や家族の変化などのリスクが大きいので、決して無理や見切り発車はしないことをおすすめします。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 だいすけ「こどもが大きくなったら広い部屋と庭が必要。絶対に家は買ったほうがいいよ。」 と妻に意気込んで相談した。 み ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 たくさんの業者の中から自分にあった ...

投稿日:

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2019年3月版】 , 2019 All Rights Reserved.