注文住宅失敗談

注文住宅予算の伝え方での失敗談

投稿日:

私が注文住宅を建てた時に学んだことを書きます。

自分の家を建てるとなり、参考にと色々な展示場に足を運びました。
どの展示場にも、広くて手の凝ったデザインの施された家が並んでいて、とても夢が膨らみました。
いざ、自分が業者さんに、予算と土地の広さを伝えて図面をお願いしました。

すると、展示場で見た大きく手の凝った家とは異なった、平凡な図面が出来あがってしまいました。
その時点でほとんど家の基盤は決まっており、それから希望を自分から発言したとしても、事細かな変更が行われるくらいで、ごく一般的な平凡な家が出来上がってしまいました。
自分の意思をしっかりと、論理的に、業者さんに伝えられないままになってしまいました。
そして、予算の関係という壁が現れて、妥協を強いられてしまったのです。
ここまでの経験で、私が学び、次に生かそうと思ったことをここからは書きます。

もしもう一度家を建てるのであれば、予算を伝える際に、予算の上限を伝えずに、だいたい予算の上限の8割を予算として業者さんに伝えます。
多少、家のサイズは小さくなってしまいますが、それからは事細かな部分のオプションに関して、便利で使えそうなのものをどんどん追加して行く形にします。
このような形にすれば、最終的には予算内にしっかりと収まる、自分好みの家を作れるはずだと確信しています。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

私自身が注文住宅で実際に失敗した理由をさらします。 まず私についてですが、当時38歳の会社員で年収は360万円程度でした。これまでに貯めた260万円を頭金にして、2,200万円の住宅ローンを組みました ...

-注文住宅失敗談

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年5月版】 , 2018 All Rights Reserved.