注文住宅失敗談

天袋(てんぶくろ)ってご存知でしょうか?

投稿日:

知り合いが、家を建て直したとき、「押入れの上には、必ず、天袋が付くものだと思っていたら、建築工事が終わった後、我が家の押入れには、天袋が、ついていなかった。
おかげで、収納が大幅に減ってしまった。」と、話していました。

天袋とは、天井側に作られる戸棚などの収納のことです。

和室などで、押入れの上の部分に、押入れとセットのように作られていたりしませんか。
私も、和室の押し入れは、押入れと天袋がセットだと思っていたので、その話を聞いて、びっくりしました。
たしかに、新築分譲中の家などを見学に行くと、天袋のない押入れもたくさん見かけます。
建築条件付きの物件などでも、天袋は、標準仕様ではなく、オプションだというところもあるようですね。
天袋
スペースの有効利用のために、階段下に押入れがあって、天袋が作れないどころか、押入れそのものも、戸を開けてみると、上の部分が斜めにふさがっていることがあります。
また、場合によっては、天井の高さなどが影響して、天袋を作るには、十分なスペースが確保できないということもあるようです。
天袋は、押入れに比べると、収納量は、はるかに少ないものの、お客様用の寝具や座布団、季節外れの寝具や衣類など、普段使わない物を、しまっておくのには、大変便利です。
建売の物件なら、実際に間取りや設備を、目で見て確認できますが、注文住宅となると、そうはいきませんね。
家を建ててしまった後では、天袋のような設備を追加しようとすると、工事や費用など、大変な思いをしてしまうので、気がついても、あきらめてしまう人がほとんどでしょう。家を建築する際には、事前に、きちんと確認しておきたいですね。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

私自身が注文住宅で実際に失敗した理由をさらします。 まず私についてですが、当時38歳の会社員で年収は360万円程度でした。これまでに貯めた260万円を頭金にして、2,200万円の住宅ローンを組みました ...

-注文住宅失敗談

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年5月版】 , 2018 All Rights Reserved.