注文住宅失敗談

注文住宅の吹き抜けで失敗

投稿日:

昨年、地元のローカルハウスメーカーで新築しました。

有名ハウスメーカーよりは心持ちお安めな設定ですが
営業さん、設計さんとも連携がスムーズに取れて
ほぼ満足のいく新居に入居する事が出来ました。

「ほぼ」と言うのは1点だけ「しまった」と思うところがあるからです。

我が家は核家族で「見通しの良い家」を希望していて
設計さんの薦めもあって、吹き抜けのあるリビング階段を設置。
キッチンにいても2階で遊んでいる子どもたちの気配が感じられて
すっごく満足していたのですが
しっかり暖房を入れないと寒いんです。すっごく。

当たり前の事なのですが、暖かい空気が
リビング階段から2階に抜けていくんですよね。
一応、高断熱仕様で作ったのですが
それでも、暖かさが逃げていくのを感じます。

開放感があって素敵ですし、明るい家に仕上がったのですが
冬場の暖房費の事を考えると
リビング階段は失敗だったかな・・・と思っています。

吹き抜けを作るなら、せめて玄関に繋がる階段にするとか
もう少し考えた方が良かったのかも知れません。

もし、これから家を建てる方がおられるのなら
「ロマンも大事だけど光熱費の事も考えてみて!」とアドバイスして差し上げたいです。

我が家は全館空調はしていないので
もし家ごと空調で調節してしまうタイプの仕様なら
リビング階段や吹き抜けもアリかも知れません。

みなさま、吹き抜けにはご注意あれ。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

私自身が注文住宅で実際に失敗した理由をさらします。 まず私についてですが、当時38歳の会社員で年収は360万円程度でした。これまでに貯めた260万円を頭金にして、2,200万円の住宅ローンを組みました ...

-注文住宅失敗談

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年5月版】 , 2018 All Rights Reserved.