沖縄で注文住宅を建てる

(1)沖縄県で注文住宅を扱っている業者は?

沖縄で注文住宅を建てる際に問題になるのは、情報量の少なさです。沖縄は日本の中でも特殊な環境にある地域です。年間を通して気温・湿度が高く、台風対策も念入りに行う必要があります。大手ハウスメーカー・工務店でも沖縄の住宅を取り扱っているところは少数です。そのため、口コミなどの情報も少なくなりがちで、最初に何をしたら良いのかわかりにくいのが現状です。
少ない情報を上手く集める方法としてお勧めなのが、依頼先を選ぶことから始めるということです。それぞれの業者の長所や短所について効率的に学ぶことができるためです。

では最初に、注文住宅を請け負っている業者を確認してみましょう。

沖縄のハウスメーカー

アイダ設計 23~30万円
イザットハウス 55~80万円
イシンホーム住宅研究会 30~60万円
クレバリーホーム 30~60万円
パナホーム 70~80万円
ロイヤルハウス 30~50万円

の工務店

無添加住宅 50~60万円
イシカワ 30万円~
棟匠 50~55万円

代表的な業者だけでも、これだけの数があります。たくさんのハウスメーカーの中から自分にあったものを探すにはどうしたら良いのでしょうか?

>>NEXT  たくさんのハウスメーカーの中から自分にぴったりのところを見つけ出すたった1つの方法

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

私自身が注文住宅で実際に失敗した理由をさらします。 まず私についてですが、当時38歳の会社員で年収は360万円程度でした。これまでに貯めた260万円を頭金にして、2,200万円の住宅ローンを組みました ...

投稿日:

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年7月版】 , 2018 All Rights Reserved.