注文住宅のすすめ

あこがれのマイホームを持ってみたい。

そう思った時に、今の時代は多種多様な実現方法があります。

戸建て住宅や住宅展示場に見学へ行くことは、自分の住みたい家がどんな家なのか、具体的に体感できるのでとても役立ちます。
いくつかの見学をされた際に銀行やファイナンシャルプランナーにお金の相談することも重要ですが、住みたい家に住む為には、建築家へ実際に間取りを提案してもらうことも一つの方法です。

注文住宅の醍醐味は、そこにあります。
あなたが住みたい家は、本当に和室が必要ですか?
ゴルフが趣味なら、もう少し、靴を履いたままの空間はいかがでしょうか?
建築家から間取りの提案をされる時は、まだ契約はされていません。

個々の建築家によって提案条件も違いますので、問い合わせが必要です。
もちろん、その提案図面は、まだあなたのものではなく、建築家のものです。

それでも、あなたの為に提案された空間は、選択肢の一つとして、考え得る十分過ぎる価値があります。

いくつかの実例を見て、気になる空間や素材があれば、建築家へ提案をしてもらうのはいかがでしょうか。

今では、多くの建築家がHPを持ち、作品を発表しています。
気になるキーワードとともに建築家を探し、提案を依頼する。それは、あなたが豊かに暮らす第一歩となるでしょう。

よく読まれている人気記事

1

結婚して、子どもが生まれたことをきっかけに新築一戸建ての購入を考えるようになった。 と妻に意気込んで相談した。 妻も前向きな返事をくれた。 私は、人生で一番大きな買い物に勢いづき、とにかくお店に行って ...

2

マイホームを持つのは人生の中でも大きな目標になります。 しかし、実際マイホーム購入のために行動を開始しようとしても、一体何から手を付けていいかわからないもの。 そんな時に多くの人が利用しているのがCM ...

3

私自身が注文住宅で実際に失敗した理由をさらします。 まず私についてですが、当時38歳の会社員で年収は360万円程度でした。これまでに貯めた260万円を頭金にして、2,200万円の住宅ローンを組みました ...

投稿日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 注文住宅で失敗しないための備忘録【2018年5月版】 , 2018 All Rights Reserved.